【たゆたえども、沈まず】とは

カンパニーについて

【たゆたえども、沈まず】は、俳優として活動する手塚優が、2020年に立ち上げた演劇企画です。

「いつかこの作品のこの役を演じてみたい」
「この演出家とこの俳優と作品を作り上げたい」

俳優なら誰もが一度は思ったことがあるものです。
だって、芝居が好きでこの生き方を選んだんですもの!

しかし日々精進を重ねても、自分が希望する舞台に立てるチャンスはとても限られています。
ならば自らそのチャンスを企画する(作り出す)ことでその願いを叶えようと、『俳優自身がプロデュース公演を行う企画』として立ち上げました。

年1~2回ペースの公演を目標とし、小劇場で上演される機会の少ない古今東西の名作に取り組むことで、出演する俳優陣の新たなスキルアップの機会となると同時に、俳優としての自分をアピールできる場となるよう。
出演者達が自分を応援してくれるお客様方ともっと出会える舞台づくりに挑戦します。


【 たゆたえども、沈まず】の意味

企画名【たゆたえども、沈まず】とは、十六世紀から存在するフランス・パリ市の紋章に記されている標語『Fluctuat nec mergitur』の和訳です。

帆いっぱいに風をはらんだ帆船とともに刻まれているラテン語は、『どんなに強い風が吹いても、揺れるだけで沈みはしない』ことを意味します。
カペー朝、ヴァロア朝、ブルボン朝、そしてナチス政権率いるドイツ軍と、歴史の中で争いの時代に翻弄されながらも「それでもパリは不滅だ!」という意思を表しているといわれています。
大好きな漫画に出てきてとても感銘を受けた言葉だったので、カンパニー名とさせてもらいました。


劇中でも、登場人物ほぼ全員が波風にさらされながら、それでも沈まずに踏ん張って生きています。
そんな『たゆたえども沈まない』人々の生きざまを伝えられる芝居作りを目指します。

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう